暮らしに+

あなたの暮らしに少しのプラスを

車いじり

新型フリードにCombiの回転式チャイルドシートを取り付けてみた【ISOFIX クルムーヴ】

2018/03/30

 

チャイルドシートを購入しました。

散々迷いましたが…

Combi!回転式!ISOFIX!のクルムーブに決定。

お値段40,000円也~。

まぁ、回転式のISOFIXは7万~8万が相場なので…40,000円は激安の部類ですけどね。

安いのもそうですが、ベビー用品で有名なCombi製なのが購入の決め手でした。

 

非回転式のシートベルト固定式なら20,000円ほど、さらに安い10,000円くらいのチャイルドシートもありましたが、、

子どものこととなるとお金を掛けちゃいますね。

安全をお金で買えるなら安いもんです。

 

チャイルドシートの取り付け方法

巨大なダンボール箱に入ってチャイルドシートが送られてきました。

(運輸屋さんいつもありがとうございます。)

デカいし重いので運ぶときは気をつけましょう。

 

ちなみに隣の箱はシートカバー。

シートを傷や汚れから守るために必須の商品です。

※取り付け方法はこちらの記事から

 

チャイルドシートは完成形で梱包されているので組み立てなどは一切必要ありません。

 

取り付けも拍子抜けするほど簡単でした。

サポートレッグをガチャンと伸ばして高さを調整。

 

ISOFIXの取り付け金具にカチッと手応えがあるまではめ込む。

 

チャイルドシートが背もたれに密着するように調整したら…

 

完成!

シートベルト固定式と違って、誰が取り付けてもしっかりと固定されるのがISOFIXの利点だと思います。

サポートレッグがしっかり踏ん張ってくれるので(急ブレーキとかの)前荷重の時も超安心。

 

取り付けは簡単ですけど、取扱説明書は必ず読みましょう。

チャイルドシートは正しく使用するとこが前提ですので。

間違って取り付けて安全性を損なってしまうのは本末転倒です。

 

 

 

 

一通り操作してみましたが、すごく使いやすいですね。

特に使用頻度が高いであろう「ターン」

女性でも指一本で軽々操作できます。

回転式なので赤ちゃんを乗せ降ろしがかなり楽にできると思います。

 

ベルトの位置調整は背面でワンタッチ。

 

ベルトの長さ調整ボタンはちょっと分かりにくい場所ですが、頻繁に使う機能じゃないので問題なし。

 

我が家のフリードはロールサンシェードが付いているのでチャイルドシートの幌は不要でした。

幌付きのチャイルドシートはちょっとお高めだったので助かりました。(オプションで付けといてよかった…)

 

チャイルドシート位置はどこがベスト?

チャイルドシートの位置は運転席側後ろの二列目シートがベストだと思います。

というか、ここ以外は考えられません。

二列目助手席側だと運転席からぐるっと回らないといけないし、三列目なんて論外です。

そもそも三列目にはISOFIXが付いていません。

それと、二列目で一番安全なのが運転席側だとどこかで聞いた覚えがあります。

 

ということで、我が家のフリードはしばらくこの状態で使うことになりそうです。

値段相応のどっしりとした作りなので安心感がありますね。

赤ちゃんも喜んでくれるかな?

 

Amazon.jp限定で相場より安い値段になっています。

オススメです。

 

-車いじり