暮らしに+

あなたの暮らしに少しのプラスを

車いじり

日産セレナ(TC-24)にETC車載器を取り付けてみた【EP-9U69V】

2017/11/19

 

wikipediaより引用

 

ちょっと古いタイプの日産セレナにETC車載器を取り付けます。

ETCがあれば支払いが超絶スムーズだし、割引もありますので高速道路を利用するならば必要不可欠ですね。

「量販店で購入→取り付け」をお願いしてもいいですが、そこそこのお値段がします。

「ネットで購入→自分で取り付け」だと半額以下でOKなのでオススメです\(^o^)/

今回取り付けた三菱のETCは激安の6,000円でしたが、音声案内付きで超お買い得でした。

 

 

日産セレナ(TC-24)へのETC車載器取り付け方法~電源取り出し編~

まずは電源取り出しですね。

電源取り出しと言えば私の大好きなフリータイプヒューズ電源を使いたいところでしたが…

 

セレナのヒューズ形状が分からない…

ググってもググっても出てこない…

知り合いの車なので現物確認もできないし…

現物確認してフリータイプヒューズ電源を買いに行くのも面倒だし…

 

う~ん…仕方ないからオーディオ裏から電源を取ろうかな。

ってことで、まずはオーディオ周辺をバラします。

 

といっても爪で留まっているだけなので手前に引っ張るだけ~

 

ガバッと外します。

あ、もうオーディオ裏が見えた。

10秒で作業終了です。

何という作業性の良さ!

こういう造り大好きですw

さすがやっちゃえ日産!

 

ちょっとボケてますが…

検電テスターで調べると手前のオレンジがACC(アクセサリー電源)でした。

ワンタッチカプラーで分岐します。

 

アースはここのネジに共締めです。

これで電源取り出しは終了です。

 

えぇ…。

めっちゃ簡単だった…。

ヒューズBOXと同じくらい簡単だったかも。

ちょっと日産を見直しましたw

 

ちなみに運転席側ヒューズBOXのヒューズラベルはこんな感じです。

ヒューズ形状は「ミニ平型」でした。

 

日産セレナ(TC-24)の運転席側ヒューズBOXのヒューズ形状はミニ平型ヒューズ!

↑検索に引っかかって誰かの役に立てれば幸いです(*^^*)

 

日産セレナ(TC-24)へのETC車載器取り付け方法~ETC車載器取り付け編~

あとはETCのアンテナを付けて→配線して→ETC車載器本体を取り付けるだけ。

まずはAピラーから外しましょう。

Aピラーのカバーを外すにはアシストグリップを外す必要があります。

 

ペロンとめくるとナットを発見!

 

すごくしっかりした作りです。

 

お次はアンテナをフロントウィンドウに貼り付けます。

説明書のとおりにすれば大丈夫。

 

この位置なら問題ないでしょう。

アンテアの配線をルーフ→Aピラー→運転席側足元に通していきます。

 

三菱のETC車載器にはこんなスポンジが付属していました。

これならケーブルが動いたりしないし、カバーの隙間から出てきたりしなくなるってわけですね。

いや~よく考えられているなぁ。

こういう細かい気配りは大好きです。

 

ETC本体はここの小物入れに設置します。

 

奥の方に穴を開けてここから配線を通します。

配線は2本あるのでちょっと大きめじゃないと通らないかも。

 

最後に両面テープで本体を貼り付けて終了です。

なかなかいい感じじゃないでしょうか?

小物入れを閉めれば普段は全く見えません。

音声は本体から出ていますが、閉めた状態でも十分聴こえます。

 

最後にETCカードを挿入して「認識しました。」のアナウンスが聞こえたらOKです。

通信状態の確認をする時は、出来れば「ETC/一般併用レーン」がいいと思います。

 

-車いじり