暮らしに+

あなたの暮らしに少しのプラスを

BMW Z4

BMW Z4のバックカメラ問題について考えてみた【モニターはどうする?】

2017/07/05

悩んでおります。

ものっすごい悩んでいます。

「何に?」ってそりゃバックカメラですよ。

「スポーツカーにバックカメラなんか付けるんじゃねーよ。この下手クソが!」という容赦ない声も聞こえてきますね(^_^;)

 

でもね。バックカメラはマジで便利ですよね。

リアをぶつけないという利点もありますが、歩行者を確認できるので非常に安心なのです。

 

それに、もしぶつけてしまったら…と考えると超絶恐ろしい!

あ~…本当にいやだ(´;ω;`)

塗装代って地味に高いし、Z4のリアバンパーなんてヤフオクにもなかなか出品されません。

出品されたとしても5万円~と超高額。

庶民にこの出費は痛すぎますね。

というわけで、保険の意味も込めて絶対に付けたいのであります。

 

バックカメラのモニターはどうする?

そこで問題になるのがモニターです。

オーディオスペースは既に1DINデッキが鎮座していますのでモニターのスペースはありません。

というか、もともとインダッシュモニターを付ける気はありませんでした。

エアコンの送風口が塞がれるし、開閉が煩わしいのであまり好きでなないのです…。

ということで、別途バックカメラ用のモニターを増設する必要がありますね。

 

選択肢1 ダッシュボード上

これも好みの問題なのですが…

ダッシュボードに物を載せるのが好きでないw

シンプル思考なのでございます。

しかも両面テープで貼り付けるんでしょ?

なんか嫌だな…

 

ダッシュボード派の方は、レーダー探知機+外部入力(バックカメラ)を搭載したこんな商品があるのでチェックしてみてください!

無料データ更新でOBDⅡ対応なのでなかなか良さげでございます。

 

選択肢2 ルームミラー

ダッシュボードがダメなら残るはココしかありませんね。

ルームミラーにかぶせるタイプです。

ルームミラータイプ型のいいところは後付け感が全く無いすっきりとした取り付けができるところです。

レーダー探知機タイプもありますが、Z4には必要ないかな?(スピード出さないでまったりと走るので)

で、そんな私にぴったりのこんな商品がありました。

QUATTROeyeシリーズQD-M101です。

利用者目線で改良を重ねる人気シリーズです。

なんとドライブレコーダーとバックモニター両方の機能を備えています。

お値段も10,000円ちょっととリーズナブルでございます。

 

1つデメリットがあるとすれば、純正の自動防眩ミラーが使えなくなることですね。

このミラー。なかなか優秀でして後続車のライトをかなり抑えてくれます。

特にZ4はかなり着座位置が低いので自動防眩ミラーは効果的でした。

これが無くなるのはちょっと不安ですが…まあ大丈夫でしょう(*^_^*)

それよりもバックカメラを付ける利点の方が大きいので!

 

取り付けレポートはまた後日で!

-BMW Z4