【ゲーミングマウスはこれで十分】エレコムM-DUX30BKは多ボタンマウスのユニクロ【レビュー】

エレコムの超激安10ボタンゲーミングマウスM-DUX30BKをレビューします。

結論から言いますと、ガチのゲーマーじゃなければ超おすすめです。とにかく安すぎる。

 

M-DUX30BKはゲーミングマウスなのに超安い

M-DUX30BKは10ボタンのゲーミングマウスなのに1,630円です。(筆者購入時)

しかも、あのエレコム製。

10ボタン以上の多ボタンゲーミングマウスの相場は5,000円から20,000円くらい。それなのにM-DUX30BKは1,630円。なんなら普通のマウスの中に加えても違和感のないレベルです。

そもそも多ボタンマウスはラインナップが少ないので値段が高くなる傾向があるのですが、M-DUX30BKは異常とも言える安さです。

 

M-DUX30BKは安くても普通に使える

M-DUX30BKは激安ですが、普通にゲーミングマウスとして使えます。サイドのボタンも押しやすいし軽くて扱いやすいので快適にゲームができます。

世の中には「高くて良いもの」はたくさんありますが、「安くて良いもの」ってあまり多くはありません。しかし、M-DUX30BKは安くて良いもの、つまりコスパがいいゲーミングマウスなのは間違いありません。

 

M-DUX30BKの操作性

ボタンの押しやすさ

M-DUX30BKの左サイドには6個のボタンが配置されています。

「G1」「G4」「G6」はすごく押しやすいので使用頻度の高いボタンを登録しましょう。

「G7]は親指の腹で押す感じになりますが意外と使いやすいです。

「G3」「G5」はマウスを持ち替えなるか、親指を伸ばさないと押しにくいです。ここはとっさには使いづらいです。

それでも「G1」「G4」「G6」「G7」と4つのボタンが使いやすい位置にあるのでこれだけでも十分だと思います。

 

ホイールの操作感

M-DUX30BKのホイールは幅があって表面がラバー加工されているので指が痛くなることはありません。

ただ、ホイールを回すときに微妙に抵抗があるので、もうちょっとスムーズに回ればという感じ。

それと左右にチルトはしません。

 

操作性

M-DUX30BKは多機能マウスにしてはかなり軽くて動かしやすいです。軽さのおかげで長時間使用しても手首は全く疲れません。

形状はやや高さがあるので、人によってはつまみ気味に持つことになります。個人的にはもう少し奥行きがあれば持ちやすいかなという印象。

 

ソフトの使いやすさ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ufgtyutf7tfyi7tf.jpg

ボタン割り当てのソフトはすごく分かりやすいです。直感的に操作方法が理解できるユーザーフレンドリーな設計になっています。画面はちょっと古臭い感じはしますが、そんなものどうでもいいのです。こういうのは頻繁に触る物ではないですし、だからこそ分かりやすさ重視が一番なのです。

 

逆にロジクールのソフトはおしゃれな画面だけど設定方法が分かりにくい。

ゲーム初心者が高性能ゲーミングマウスをレビューしてみる【ロジクール G502 HERO】

 

M-DUX30BKの悪いところ

  • 質感が悪い
  • ホイールがチルトしない
  • 無線ではない

悪いところと書いてみたものの、1,630円のゲーミングマウスにこれは言いがかりレベル。

この値段でこの性能だとはっきり言って不満は一切ないです。あえて言うなら…この3つかなという感じ。

しかし、ホイールチルトとBluetooth接続ならなんとかなりそうなので次回作に期待です。この2つが実装されたら無敵レベルになりますね。

 

M-DUX30BKは「買い」?

M-DUX30BKは迷うことなく買うべき激安ゲーミングマウスです。

「安いゲーミングマウスだし、機能はそこそこでいいや。」という妥協感が一切表れていないコスパ最高の製品です。

エレコムの担当者の情熱、そして企業ブランドを背負うプライドがひしひしと伝わっていきますね。これは。

 

ただし、応答性とかは微妙な操作感とかは本格的なゲーミングマウスには及びませんので注意しましょう。(そもそもそんなマウスを探している人がこんな記事は見ないでしょうけど)

私みたいにゆるくゲームをしたい人にはぴったりのゲーミングマウスです。次世代機に期待が高まりますが、値段はそのままでパワーアップしてくれるとこを願うばかり。