2018年夏。今、リアルに欲しい中古車を3つ選んでみる!

 

全国1千万人のクルマ好きのみなさん、こんにちは。

クルマ離れが叫ばれて久しい昨今ですが、たぶん1千万人くらいはクルマ好きがいるんじゃないかと踏んでおります。

 

ところでみなさん、

 

意味もなくカーセンサーを徘徊していることってありませんか?

 

カーセンサー面白いですよね。

  • この車の相場って今これくらいなんだ!
  • へーこんなグレードがあるんだ。
  • やっぱりこの車かっこいいなぁ(しみじみ)

感動と感嘆の連続であります。

その辺の下手なテーマパークよりもよっぽど面白いです。

え?ちょっと何言ってるかわからないですって?

そんなあなたはまだまだクルマ道の修行が足りないですね。精進してください。

 

カーセンサー巡りをしていると(買う買わないは別にして)欲しいクルマがいくつか出てきます。

それは年齢や環境によって変わっていきます。

今はスポーツカー馬鹿の私ですが、一時期はハリアーが本気でほしい時がありましたからね。

人間ってわからないものです。

そこで、日記的な感じで「今欲しいクルマ」をピックアップするのがこの記事の企画です。

1年後とか5年後とかに見返したらきっと面白いと思います。

日記なので読者の皆さんは完全に置き去りですが、私の好みに興味がある方は最後までお付き合いください。

 

MINI(BMW) MINIロードスター

ミニにこんな車があったなんて最近まで知りませんでした。

それもそのはず、MINIロードスター(R59)は2011年の発売からわずか4年足らずで生産終了してしまった不遇の車なのです。

でもご覧ください。このおしゃれな佇まいを!

なんとなく初代コペンに似た愛らしい雰囲気が漂っています。

2シーター、1.6リットルエンジン、5ナンバーサイズのコンパクトボディ、6MT、そして幌のオープンカーとクルマ好きなら鼻血が出るほど魅力的です。

でも、いかんせん日本ではオープンカーは売れません。

さらに趣味車の色合いが超絶濃い2シーターならなおさら売れないでしょうね。

2018年8月現在、カーセンサーには7台しか掲載がありません。

7台ですよ。たったの7台。

プリウスだったら3分ですれ違える台数です。

この数が不人気ぶりを物語っていますね。こんなにいいクルマなのに!

MINI=輸入車ということで維持費の面で二の足を踏むかもしれませんね。

でもBMW製なので無茶な故障は無いですよ。(たぶん)

平均価格は175万円なので現実的に手が届きそうな一台ですね。

上位グレードのジョンクーパーワークスは211psです。このボディにこのエンジンはかなり楽しそう。

コンパクトなので街乗りも苦にならないでしょう。

 

ホンダ S2000

2台目は皆さんご存知のS2000です。

カーセンサーの掲載数は211台なのでZ4よりちょっと多いくらいですね。

10年前のクルマなのに恐ろしいほど値落ちしていません。

最終型のタイプSで480万円!という車両もありました。

新車販売価格が399万円なので…10年前より価値が上がっているんですねぇ。

ちなみに480万円あれば最新型のシビックタイプRが買えちゃいます。

もう何が何だか訳がわかりません。

480万円出して10年前のクルマを買うなんてよほどの変態ですね。

しかしその気持ちはわかります。痛いほどわかります。

S2000はそれほど魅力的です。もはや名車の域に達したといっても過言では無いでしょう。

日本のスポーツカーって絶版になってから評価される傾向にありますよね。

 

平均価格は223万円と10年落ちの中古車にしてはややお高めですが、S2000はその価値十分だと思います。

剛性ボディーにホンダ自慢のスポーツエンジン、そしてオープンカー。

スポーツカー好きの条件をすべて満たしていますね。

特にホンダのエンジンは本当に素晴らしいのです。

 

ポルシェ ボクスター

かっこいいですねぇ。

ポルシェのボクスターです。

スポーツカー好きなら一度は乗ってみたいと思うはず。

最新型の718ボクスターで絞ってみると全国で36台、平均価格は778万円です。

ボクスターも人気の車種なのでほとんど値落ちしません。

それにしても800万円ですか…。

一般市民の私には手が出そうにもありませんが、10年後とかだったらワンチャンあるかも?

718は4気筒ターボですが、6気筒の先代型981も面白そうです。

 

そして気づいたでしょうか?

3つ全てが幌のオープンカーという事実に!

Z4のおかげ(せい?)で2シーターのオープンカーしか興味の出ない体質になってしまいました。

最近はハードトップが主流ですが、私は幌の方が好きですね。

幌だとオープンカーとしての”味”がいい感じに出ている気がします。

開閉が速いので気軽にオープンできますしね。

そういえば次期型Z4は幌に原点回帰するみたいです。

この調子でどんどん幌車が増えるとうれしいですね。

 

では次回、2018年冬編(予定)でお会いしましょう。

もしかするとジムニーが欲しいとか言ってるかもしれません。

 

 

※上記3つの画像はWikipediaから引用しています。