【ガチのランナー&ダイエットに最適】GARMIN ForeAthlete 245 Musicをレビュー【音楽と走る】

スマートウォッチ単体で音楽を聴けるGARMIN ForeAthlete 245 Musicをレビューします。

結論から言うと、本気でランニングやダイエットを始めたい方に超おすすめのスマートウォッチです。

 

ForeAthlete 245 Musicはスマホなしで音楽が聴ける

ForeAthlete 245 Musicはスマートフォンを持っていなくても、単体で音楽を聴きことができます。つまりForeAthlete 245 Musicとイヤホンさえあれば、音楽を聴きながらランニングをすることができます。

スマートウォッチやスマートバンドは各社からたくさんの種類が発売されていますが、「単体で音楽を聴けるモデル」はかなり珍しいです。

Bluetooth接続は超安定していて、音楽が途切れることは全くありません。走りながらアルバムやプレイリストを選択するのはちょっと難しいですが、一時停止や曲送りくらいなら物理ボタンのワンアクションなので操作はしやすいと思います。

 

ForeAthlete 245 Musicに音楽を転送する方法は以下の4つ

  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • AWA
  • Germin Express

Spotifyなどのサブスク系音楽配信サービスを利用していればそのままスムーズに音楽を移行できます。また、Germin Expresを経由すればパソコンに保存している音楽ファイルの移行が可能なので、実質音楽の転送は自由にできます。

ForeAthlete 245 Musicの保存容量は最大500曲ですが、ランニングに利用するには必要十分な容量です。

 

 

ForeAthlete 245 Musicのディスプレイは明るいところで見えやすい

ForeAthlete 245 Musicのディスプレイは、半透過メモリインピクセル(MIP)という技術を採用しています。半透過メモリインピクセルの特徴は「外光を利用してディスプレイを表示している」ことです。

例えばスマートフォンの場合、太陽光の下だと画面が見づらくて、逆に暗い場所だと画面がみやすいと思います。これは液晶ディスプレイを光源としているからです。

ForeAthlete 245 Musicの場合は外光を利用してディスプレイを表示しているので、太陽光の下が一番鮮明に画面が表示されます。逆に室内だと画像のようにやや薄く表示され、暗い場所だとほとんど見えないのでバックライトを転倒させなければなりません。

ForeAthlete 245 Musicは運動に特化したスマートウォッチなので、日中の使い勝手を優先してこのようなディスプレイを採用しているのだと思います。暗いところだと使い勝手が悪いというデメリットがありますが、ボタン一つでバックライトが点灯するのであまり不便に感じることはありません。

 

ForeAthlete 245 Musicは最大7日間の稼働時間

ForeAthlete 245 Musicのバッテリーは最大7日間で、この手のスマートウォッチにしてはバッテリー持ちがかなりいいです。その最大の理由は、半透過メモリインピクセルによりディスプレイ表示が省エネ化されていることです。

着信やメールの通知を表示したり、睡眠や心拍数のログを取るような一般的な使い方をしても7日間は余裕で持ちます。

音楽を聴きながらランニングをするとさすがにバッテリーの消費量は多くなりますが、それでも最大6時間は稼働するのでフルマラソンにも対応できるバッテリー容量です。

 

充電は独自規格のコネクターですが余計やケーブルを増やしたくないのでUSB type-Cにしてくれた方がありがたいです。

でも、おそらく防水性能を優先してこのコネクタにしているのでしょうね。コネクタ自体はガッチリはまるので充電中に外れる心配はありません。

 

ForeAthlete 245 Musicは物理ボタン

ForeAthlete 245 Musicは物理ボタンです。

物理ボタンには「運動中に操作しやすい」という最大のメリットがあります。

ただし、タッチパネルとは違って以下のデメリットがあります。

  • 直感的に操作できない。
  • 操作に慣れるまでに時間が必要。

個人的にはタッチパネルの方が好きですが、物理ボタンをあえて採用しているのは運動に特化したForeAthlete 245 Musicのこだわりだと思います。

 

ForeAthlete 245 Musicは多機能

ForeAthlete 245 Musicは多機能なので、スマートウォッチやアクティビティトラッカーに求められている機能はほぼ搭載しています。全ての機能を紹介するのは難しいので詳しくは公式サイトをご覧ください。以下は一部抜粋です。

  • アラーム
  • タイマー
  • GPS(GLONASS、みちびき、Galileo)
  • 心拍計
  • 加速度計
  • カレンダー
  • 天気情報
  • スマートフォン音楽操作
  • スマートフォン検索
  • ライフログ(歩数計、睡眠ログ)
  • ワークアウト

対応アプリのGarmin Connectは項目がすごく充実していて見ているだけで飽きません。面白いのがBody Batteryという機能で、自分の体力が何パーセントなのかを表示してくれます。睡眠や休息を取ればバッテリーは回復し、日中に活動をするとバッテリーは減っていきます。仕事をしているとバッテリーの減りが速いのはよく分かっているなという感じ。

Garmin Connectgは、操作性や表示項目が充実しているのでアクティビティトラッカー系のアプリで最高峰です。さすが運動に特化したGarminだけあって素晴らしいアプリです。このアプリを使えることはGarmin製品を選ぶ最大のメリットかもしれません。インストール自体は無料なので気になる方はチェックしてみてください。

ForeAthlete 245 Musicにオススメのイヤホン

【これぞ最先端!】OPEN MOVEはマジで使いやすい骨伝導ワイヤレスイヤホン【AfterShokz】

屋外で音楽を聴きながらランニングをするならAfterShokzのOpenMoveが最高の組み合わせです。

OpenMoveは骨伝導イヤホンなので耳を塞がずに音楽を聴くことができます。音楽を聴きながら周囲の音も聞こえますので安心してランニングすることができます。

 

ForeAthlete 245 Musicは「ガチ」の人にオススメ

ForeAthlete 245 Musicは以下の人にオススメです。

  • ランニングと音楽が趣味の人
  • 本気でダイエットを考えている人

ForeAthlete 245 Musicは運動に特化したスマートウォッチです。タッチパネルではなく物理ボタン、屋内だとディスプレイの表示がやや見にくいといった不満点もあります。その代わり運動で使うとなると最大限の能力を発揮するので音楽を聴きながら走りたいランナーにとっては最強のデバイスになります。

そして高性能なりに価格もかなり高いです。例えば前述の骨伝導イヤホンOpenMoveとの組み合わせの場合は合計で50,000円もします。この値段は気軽に手を出せる金額ではありません。逆に言えば本気でダイエットを始めようとしている人にとってはForeAthlete 245 Music購入は本気度を示すことになります。50,000円を出すからには三日坊主では終われないですから。まさに不退転の覚悟。

ただ黙々と走るよりも音楽を聴きながらの方が100倍楽しいのでそういった意味でもオススメです。Garmin Connectは色々なログを取得してくれるのでモチベーションの維持にもつながると思います。

 

 

 

もうちょっと気軽に運動したい…という人はスマートバンド系がオススメです。ForeAthlete 245 Musicに比べると機能はかなり制限されますが5,000円以下です。単体で音楽は聴けません。

【Apple Watchの前にこれを買え !】Xiaomi Mi スマートバンド4はコスパ最強のアクティビティトラッカー【レビュー】