新型フリードにチャイルドシート用のシートカバー&キックガードを取り付けてみた【GB5】

チャイルドシート取り付け前の下準備?でシートカバーを取り付けました。

チャイルドシートって結構重いので直接取り付けるとシートが痛むことは必至ですよね。

それを防ぐためのシートカバーです。

キックガードとの2点セットでたったの2,000円なのでオススメです。

シートカバーの取付方法

Amazonで購入→翌日配達。

本当に便利でありがたいです。

さっそく取り付けたいと思いますが…あれ?説明書的なのが無いですね。

ま、それでも大丈夫です。

初見でもOK。付くようにしか付かない親切設計でした。

シートカバーの表側。

思いの外しっかりした作りです。

こちらは裏側。

全体にすべり止め加工が施されているので、ちょっとやそっとじゃズレそうにありません。

座面と背もたれの間にこちらの「出っぱり」を挟み込みます。

グイグイと押し込んで

反対側から引っ張ればOK!

これで中央付近が固定されるのでカバーが浮き上がることがなくなります。

ヘッドレスト部分の紐は調整可能。

ちょうどいい長さに調整してからヘッドレストを元に戻します。

はい。

これで完成!とっても簡単ですね!

付けてみて分かったのですが、このシートってなかなかいい素材で出来ています。

何だか触り心地もいいし。

簡易的なシートカバーとして使っても全然大丈夫ですね。

足元にはポケットが2つ付いているので、ウェットティッシュとかお尻拭きなど何でも詰め込めます。

キックガードの取付方法

キックガードの取り付けはさらに簡単でした。

ゴムバンドをずりずりと下げていって…

この位置でパチンと固定。

この謎の2つの穴は…

ヘッドレストのバーを通します。

完成!

専用品かのようなフィット感!

すごいです。

キックガードが必要なのは子どもが3~4歳くらいになってからでしょうか?

そのくらいの年齢になるとガンガン蹴ってきますからねw

我が家ではしばらくキックガードとしての役割は必要無さそうですが…

2つの大きなポケットが活躍しそうです。

シートカバーと併せて合計4つの収納をゲットしましたw

シートカバーの相場は大体2,000円くらいです。

シートカバー&キックガードセットでちょっとだけ得した気分でした。

次はチャイルドシートを取り付けます。