【高評価だけど身内に敵あり】Soundcore Liberty Air 2を万人におすすめできない理由【レビュー】

Ankerの完全ワイヤレスイヤホン(TWS)Soundcore Liberty Air 2をレビューします。

結論から言うと、いいイヤホンなのは間違いないけど3,000円安いSoundcore Life P2と比べると微妙な性能です。

でもいいイヤホンなのは間違いない。という微妙な立ち位置になります。

理由は以下のとおり。

 

Soundcore Liberty Air 2の特徴

Soundcore Liberty Air 2は音質がいい

オーディオ機器に定評のあるAnker製だけあって音質がめちゃくちゃいいです。安物のイヤホンだと聞こえないような音がしっかりと耳に届いてクリアなサウンドが心地いい。どちらかというと低音を重視した音質ですが、アプリで細かく設定ができるので好みの音に変更可能です。

 

Soundcore Liberty Air 2は最大28時間の連続再生時間

Soundcore Liberty Air 2はケースと合わせて28時間の連続再生が可能です。28時間充電なしのぶっ通しの使い方はしないでしょうから、実質的にバッテリー切れは考えずに使用できるのはすごく大きなメリットです。

さらに、Soundcore Liberty Air 2はUSB type-Cコネクタなので余計なケーブルを用意しなくても大丈夫です。まぁこの価格帯でマイクロUSBなのはあり得ないのですが、当たり前のポイントをしっかりと抑えているのはいいですね。

 

Soundcore Liberty Air 2はIPX5の防水規格

Soundcore Liberty Air 2の防水規格はIPX5なので日常生活では全く問題ありません。意図的に水に沈めない限り、多少の雨やランニング中の汗などにもしっかりと防水機能が働きます。

 

Soundcore Liberty Air 2のデザインはかっこいい

Soundcore Liberty Air 2はタッチキーなのでデザインがシームレスですごくかっこいいです。赤の差し色がワンポイントな感じで個性を出していますね。

ただし、タッチキーは操作性に好みが分かれるところでもあります。物理ボタンはクリック感があるので押した感があるのですが、タッチキーは「あれ?押されてる?」となることもしばしば。Soundcore Liberty Air 2はタッチした時に音が鳴る設定ができるので、これはオンにした方が分かりやすいでしょう。

タッチキーか物理キーかは完全に好みの世界なので好きなほうを選べばいいと思います。

 

 

Soundcore Liberty Air 2を万人にオススメしない理由

Soundcore Liberty Air 2はTWSとしてすごく完成度の高い商品なので「誰にでもオススメだよ!買って後悔しないよ!」と書きたいのですが、残念ながらそうは言い切れない事情があります。

なぜなら、同じAnker製のSoundcore Life P2の存在があるからです。

Soundcore Life P2は5,000円のくせに音もいいわ、基本性能は抑えてるわの超ハイコスパのTWSです。Soundcore Life P2のレビュー記事はこちら。

【最強の5000円TWS】Soundcore Life P2にAnkerの底力を見た!

Soundcore Life P2の価格は5000円、Soundcore Liberty Air 2との価格差は3,000円ほどです。以下でSoundcore Liberty Air 2とSoundcore Life P2を比較しますが、これらのメリットに3,000円の価値を見出せるかがどちらを買うかの判断材料になると思うので参考にしてください。

Soundcore Liberty Air 2とSoundcore Life P2の違い

Soundcore Liberty Air 2はSoundcoreアプリ及びHearID対応

Soundcore Liberty Air 2はSoundCoreアプリで音質を自由に設定することができます。あらかじめ用意されているデフォルトのイコライザーでもいいですし、自分で細かくカスタムすることもできます。音質にこだわりがある人にもしっかり対応できるAnkerrらしいアプリです。

 

さらに「HearID」という機能で、一人一人の耳の形状に適したイコライザー設定をすることもできます。試しに使ってみたのですが、私の耳だとよく分かりませんでした。Ankerさんすみません。でも面白い機能だと思います。

 

Soundcore Liberty Air 2はケースからイヤホンが取り出しやすい

Soundcore Liberty Air 2は縦置きなので、横置きのSoundcore Life P2に比べて圧倒的にイヤホンが取り出しやすいです。しかも、いちいち持ち替えなくても耳に装着できるので余計なひと手間がかかりません。

さらにSoundcore Liberty Air 2はケースがコンパクトなので、ポケットに違和感なく入れることができます。

 

Soundcore Liberty Air 2はワイヤレス充電対応

Soundcore Liberty Air 2はワイヤレス充電に対応しています。低価格帯のTWSには無い機能なのでこれは大きなメリットでしょう。

コードの抜き差しの煩わしさから解放されるので使い勝手は抜群です。有線に比べて充電時間が長いというデメリットがありますが、ワイヤレスの快適性に比べたらどうでもいいことだと思います。寝る前に置いて朝に充電完了しているのでこれで十分。

 

Soundcore Liberty Air 2は「買い」か?

上記の3つのアドバンテージに3,000円分の価値があると思うならSoundcore Liberty Air 2は「買い」です。価値がないと思うならやめといた方がいいでしょう。ちなみに防水機能と連続再生時間はSoundcore Life P2の方が上です。

私だったらSoundcore Life P2を迷うことなく選びます。これは、Soundcore Liberty Air 2が悪いということではなくSoundcore Life P2が良すぎるのです。

Soundcore Liberty Air 2の最大の不幸は身内に超強力なライバルがいることでしょう。8000円のTWSにしては悪くないのに5,000円のSoundcore Life P2の前では全てが霞んでしまう。

恐るべしSoundcore Life P2。

【最強の5000円TWS】Soundcore Life P2にAnkerの底力を見た!

 

 

コスパでは及びませんが、性能がいいのは間違いなくSoundcore Liberty Air 2です。

質のいいTWSを探している人にはオススメです。