暮らしに+

あなたの暮らしに少しのプラスを

車いじり

Aピラー、ダッシュボード、ドアミラー裏…新型フリードのツィーター設置場所を考えてみる【GB5】

2018/02/03

 

フリードのスピーカーはフロントもリアも足元に設置してあります。

そのせいか、モゴモゴしてぼやけた音になってしまいます。

スピーカー交換でだいぶ改善はされるのですが、さらなる音質アップを狙ってツィーターの取り付けをしてみました。

 

ツィーターのベストな設置場所はどこ?

 

候補に挙がったのは次の2箇所です。

  • ダッシュボード上
  • ドアミラー裏の三角パネル

Aピラーに埋め込む。という手もあるのですが…

パテ盛り→塗装という大掛かりな作業になってしまうのでパス。(費用も掛かります。)

 

ダッシュボード上

【メリット】

  • ツィーターの向きが調整できる
  • スピーカー付いてます感がある
  • 両面テープで取り付けできるので穴開け加工不要

 

【デメリット】

  • スピーカーの位置が遠い
  • 配線が面倒
  • ダッシュボード上がごちゃごちゃする

 

ドアミラーパネル裏の三角パネル

【メリット】

  • 配線が楽
  • スピーカーの位置が近い
  • 後付け感がない

 

【デメリット】

  • ツィーターの向きを調整できない
  • 穴あけ加工が必要

 

ツィーターの設置場所はドアミラー裏の三角パネルに決定!

以上のメリット・デメリットを考慮して設置場所が決まりました。

ここだとツィーターの位置が耳に近いのですごくクリアな音が聴こえます。

ダッシュボード上がごちゃごちゃしないのもいいですね。

 

そして何よりも配線が楽!

ドア内で配線が終わるのはすごくありがたいです。

ボディ側と配線を通すとなるとかな~り面倒なので。。。

 

取り付けはパネルに穴を開けてステーで固定しています。

そのおかげでがっちり固定されて外れる心配はありません。

 

この三角パネルは片側430円ほどなので、元に戻したい場合も費用はそんなに掛かりません。(左側の品番:76270-TDK-003ZA)

車に穴を開けるって抵抗があると思いますけど430円で元に戻せると思えば気軽にチャレンジできると思います。

 

 

ちなみにホンダ純正でフリード用のツィーターが出ています。

すっきり取り付けたい方はこちらがいいかも。

ただし、お値段が9,000円近くとややお高めです。

 

-車いじり
-