BMW Z4

【BMW Z4】ドアインナーパネル(ドア内張り)→ドアミラーの外し方

更新日:

 

ドアパネル→ドアミラーの外し方です。

ドアミラーを完全に外すにはドアパネルを外す必要があります。

 

BMW Z4ドアインナーパネルの外し方(トルクスネジ外し編)

まずはツィーターが付いている三角パネルを外します。

ツメの2箇所留めですが、右側(フロント側)が恐ろしく硬いです。

折らないように慎重に外しましょう。

 

苦労しましたが何とか外れました。

いきなり出鼻をくじかれた感じです(^_^;)

青いコネクタを外してツィーターを分離します。

 

ドアパネルを固定しているトルクスネジ4つを外します。

全てT20です。

 

まずはグリップから。

シルバーのパネルはツメでハマっているだけなので簡単に外れます。

上下2つのT20トルクスを外します。

 

「AIRBAG」の刻印が入ったカバーをグリグリすると…

 

奥の方にT20トルクスを一つ発見!

 

 

残る一つはドアレバーのこちら。

いかにもカバーって感じで分かりやすいですね。

 

マイナスドライバーでコジコジしても外れません…。

深追いしても傷が広がるだけなので、先の尖ったキリにチェンジ。

そう言えばキリって英語でなんて言うんだろう…。

 

あっさりと外れました。

多少傷が付くのは仕方ないかも。

 

BMW Z4ドアパネルの外し方(内張り外し編)

ドアパネルを外します。

まずは下から攻めたほうが作業しやすいです。

ガコッと。

意外とあっさりと外れました。

 

逆に上の方はなかなか外れません。

ものすごく硬いので気合で外してください。

 

原因はこいつ(ら)です。

初めて外すときは苦労すると思います。

黒い物体はサイドエアバッグですね。

 

ドアの内部は発泡スチロール?みたいな材質のカバーで覆われています。

Z4の場合、ウィンドウレギュレーター(ドアを上げ下げする機構)の故障報告が結構多いですね。

もしウィンドウレギュレーターを修理する時はカバーを除去する必要があります。

しかし、こいつがかなり厄介!

というのもカバーはブチルゴムでしっかりと接着されていて、これを綺麗に剥がすのはかなり困難だと予想されます。

う~ん…面倒くさそう…(-_-)

ウィンドウレギュレーターが故障しないことを祈るばかり。

 

以上でドアパネル外しは終了。

 

BMW Z4ドアミラーの外し方

ドアミラーから伸びたコードは下の方でカプラーに接続されています。

このカプラーにアクセスするためにドアパネルを外さないといけません。

 

T30トルクスを3つ外します。

上のネジは最後に外したほうが作業がしやすいです。

ドアミラーを落とさないようにしっかりと保持して作業をしましょう。

 

これで終わり!

おつかれさまでした。

 

 

-BMW Z4

Copyright© 暮らしに+ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.