BMW Z4

もしもの時のための診断機!ELM327 OBD2スキャンツールを買ってみた!【BMW Z4】

更新日:

 

Z4のエラーコードを確認するためにELM327のスキャンツールを買ってみました。

これをOBDのコネクターに接続すると、ECU(車のコンピューター)と通信して何やかんやと教えてくれます。

車屋さんに置いているコンピューター診断機の超簡易バージョンって感じ?

 

ELM327はTorque Lite(無料アプリ)とブルートゥースで接続して使用します。

故障箇所の特定以外にも水温、電圧、エンジン回転数を表示したり、エラーコードを消去できるみたいです。

簡易バージョンといってもなかなか本格的な機能です。

それなのにお値段はたったの1500円!

凄まじいコストパフォーマンスです。

貧乏サラリーマンにはありがたいっす。

 

ちなみに皆さんご存知のCarly for BMWならコーディングもできるんですけど…

アプリが7900円かぁ…。

しかもこれプラス接続コード(5000円)が別途必要。つまり合計13,000円。

ちょっと手が出ないなぁ。

まぁまぁ…ね?将来的にコーディングはしたいなと思っているんですよ?

キーで幌をクローズにしたり、ドアロックでミラーを格納したり、アンサーバックとかワンタッチウインカーとか。

コーディングしまくりたいなぁ!

でも今はまだ早い。まだ慌てる時間じゃない。(お金がない)

 

他にもこんな感じの故障診断機もありましたが

C110故障診断機6000円。

迷いましたが、値段を優先して1500円のELM327を買ってみました。

 

ELM327の接続方法~OBDコネクター編~

取り付けはとても簡単です。

運転席足元のOBDアダプターの蓋をパカっと開けて

 

ELM327を差し込むだけ。

電源はコネクターから供給されるので自動で電源ON。

 

ELM327の接続方法~アプリ編~

アプリを開くと「ブルートゥースが繋がってないよ!」の表示。

そこでまずはアプリ(つまりスマホ)とELM327をブルートゥースで接続します。

 

ブルートゥースの「検索」をタップするとELM327(OBD2)を自動で検出します。

 

PINは「1234」

これで接続完了。

3分で終わります。

 

 

さっそくELM327を使ってみる!

今回はエラーコードを検出したいので…

「Show logged faults」かな?

それか「記録された失敗コード」?

なぜか微妙に日本語訳されてますが、まぁどちらも試せばOKです。

無料アプリなので許容範囲。

広告が出るのも許容範囲。(てりたま食べたい)

 

「ちょっと待ってね…」

なぜかものすごくフレンドリーです。

おっけ~!待つよ!

 

「No pending fault codes stored in ECU」

エラーコードは無いよ!ってことですね。

良かった良かった。

 

ちなみにデフォルトで表示されている「Accel」はアクセル開度とかですかね?

他にもいろいろ機能があるみたいなのでそのうち紹介します。

ELM327はバージョン1.5が安定しているみたいです。

バージョン2.1は接続できないとのレビューがいくつかありました。

 

※追記

エラーコードを検出してくれませんでした(T_T)

車輌情報の読み取りだけなら使えそうです…。

-BMW Z4

Copyright© 暮らしに+ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.