車いじり

ちょっとだけややこしいフリータイプヒューズ電源の使い方を解説してみる【エーモン】

更新日:

ヒューズボックスからの電源取り出しに大活躍のフリータイプヒューズ電源ですが、ちょっとだけ使い方がややこしいです。

ややこしいって言っても別に難しくはないのですけどね。

説明書を見ても今ひとつピンとこないのと、意外とネットに情報が無いので解説します(*^^*)

 

フリータイプヒューズ電源について

フリータイプヒューズ電源とは?

その名のとおりヒューズから電源を取り出すために使います。

普通の差し替え用電源取り出しとの違いは、ヒューズのA(アンペア)を気にする必要がないことです。

※差し替えるヒューズをそのまま使うから

5Aから20Aまで対応可能なのでほとんどのヒューズに使えますよん。

 

フリータイプヒューズ電源の構成

+(プラス)→接続機器(ETCやドライブレコーダー)のプラス側に接続

ヒューズBOX→ヒューズBOXに差し込む

ヒューズ→5Aのヒューズ付き!接続機器を守ってくれます。別途ヒューズを追加する必要がない親切設計!

 

ここにはヒューズBOXに刺さっていたヒューズを入れます。

5Aだろうが20Aだろうが、既存のヒューズをそのまま利用できるってわけです。

だからフリータイプって名前なんですね。

 

フリータイプヒューズ電源の使い方

順番に説明します。

フリータイプヒューズ電源はA(アンペア)を気にする必要はないですが、ヒューズの形状に沿ったものを用意する必要があります。

ヒューズはメーカーや車種によって違うので事前に確認しましょう。

  • 平型
  • ミニ平型
  • 低背

これは「平型ヒューズ」!

 

今回は平型ヒューズから電源をとってみましょう。

 

何はともあれヒューズBOXまでアクセスします。

ようは目当てのヒューズを抜ければいいので、ここまでバラす必要はありません。

 

で、対象のヒューズを抜きます。

先の細いラジオペンチがあると抜きやすいです。

車によってはヒューズ外し用のツールがあることも。

※写真を撮り忘れたので、これは別のヒューズです。(低背ヒューズ)

 

 

抜いたヒューズはこちらにセットしましょう。

差し込むだけです。

 

 

ヒューズを抜いた後がこちら。

2つの端子が見えますね?

2つのうちのどちらかがバッテリー(電源側)に繋がっています。

 

バッテリー側の端子に…

フリータイプヒューズ電源のこちら側の端子を差し込みます。

「こちら側」の見分け方は、「赤いコードが出ている方」です。

 

じゃあ、どちらの端子がバッテリー側なの?という話ですが…

これを使います。

検電テスターでございます。

電装系のDIYには必須アイテムです。

 

検電テスターでチェックすると、ほら光った!!

光った端子がバッテリー側の端子です。

ここに先程の「赤いコードが出ている方」を差し込みます。

 

ちなみに、通電させないと光らないので注意してください。

※イルミネーション電源ならライトオン、ACCならキーをひねった状態などなど。

 

端子を間違えないように差し込めば作業終了です。

※念のためにテストをしましょう。

 

一応説明書も載せときま~す(*^^*)

-車いじり

Copyright© 暮らしに+ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.