どうしてもスポーツカーが欲しい人へ。あなたの背中を押してあげましょう。

スポーツカー乗りたいですか?

乗りたいですよね!

  • スポーツカーに乗りたいけどどうしても決心がつかない。
  • 維持費がすごいことになりそう。
  • 2人乗りって実用性はどうなの?

そうですね。

スポーツカーってちょっと特殊なイメージがあります。

だから、いざ「買おう。」と思ってもなかなか尻込みしてしまいます。

 

でも大丈夫。

スポーツカーとは言えども同じクルマです。

軽自動車やミニバンと同じと言えば同じ。

まぁ確かに特殊ではありますが…。

庶民でも簡単に乗れますよ!

貧乏サラリーマンのスポーツカーオーナーの私が言うから間違いありません。

 

しかし初めの一歩というのはなかなか勇気が必要なもの。

しかも実用性が低くて趣味性の高い、どっちかというと贅沢品の部類に入るスポーツカー。

「買っちゃって本当に大丈夫なの?」

不安な気落ちになるのも分かります。

だから私が皆さんの背中を押してあげます。

こんなマニアックな記事を見るくらいなので皆さんは相当なクルマ好きですよね?

それなら「行っとけ!」ですよ。

スポーツカー最高!

欲しいんでしょ?

乗りたいんでしょ?

この記事を読み終わったあなたはスポーツカーのオーナーや!

 

スポーツカー好きなら胸を張るべき

まず最初に、あなたの意識から変えるべきです。

スポーツカーに乗りたいなんて「自分はちょっと変わってるな。」なんて思ってませんか?

後ろめたい、申し訳ない気持ちをちょっとでも持っていませんか?

確かにこのご時世、スポーツカー乗りなんてほとんどいません。

街中を走っているのは軽自動車にミニバンにハイブリッド。

やれ燃費だ。やれ居住性だ。やれ安全装備だ。とスポーツカーとは対極の部分がクローズアップされています。

エンジン性能だの足回りだのデザインだのは忘却の彼方なのです。

 

だから何?

 

そもそも趣味なんてものは人に理解されないくらいがちょうどいい。

私の周りにもクルマ好きはほとんどいません。

それでも外車のオープンカーに乗っています。

中には白い目で見る人もいると思います…が

 

だから何?

 

乗りたいもの乗って何が悪いんだー!

私(たち)は確かにクルマ変態かもしれない。でも周りを気にしちゃ何もできないぜ。

だってスポーツカーってかっこいいんですもの。

運転も楽しそうなんですもの。

クルマはただの移動手段じゃないよ。相棒だよ。

スポーツカーに乗りたいのは当然の欲求なのであります。

そもそも他人は自分が思っている以上に自分に興味はありません。好きなことしましょう。

 

スポーツカーが高額で手が出ない

高い!確かに高い!

でも自動車ってスポーツカーに限らず全般的に値上がりしていますね。

信じられないと思いますが、昔はシビックタイプR(EK9)が200万円ちょっとで買えたんですよ?

今は軽自動車でも200万円ですからね。

時代は変わったものです。

さて、「高い高い。」と嘆いてもしょうがありません。

中古で買えばいいだけです。

狙い目は10年落ちくらいですね。

いい感じに手が届きます。

国産車は耐久性が半端ないので10年落ち10万キロくらいならまだまだ余裕で走りますよん。

ファイル:ImprezaSTI3rd.jpg

一部車種はなかなか値落ちしていないものがありますのでそれは避けるべきですね。

人気車種は予算オーバーになりがちなので潔く諦めましょう。

中古車よりもさらに安くで買いたいならオートオークション代行業者を利用する手もあります。

これは万人にはオススメできませんが、市場価格より50万円以上安く買えることもザラにあります。

まあやり方はいくらでもあるってことですね。

新車で買えればそれが一番いいですけど。

 

 

スポーツカーって維持費がすごそう

これは完全に間違っています。

あ、もちろんポルシェとかGT-Rとかの高級スポーツカーに属する車は馬鹿みたいに維持費がかかりますよ。

これらの車は一般庶民が手を出していいものではありません。

国産の普通?のスポーツカーでしたら維持費は大衆車と変わりません。

私はインテグラタイプRに乗っていましたが、車検もバッテリーもオイルもタイヤも普通の金額でしたよ。

ちょっと割高なのが保険料とガソリン代(ハイオク)くらいでしょうか。

まあ、気にするほどのものではありません。

ここ日本の素晴らしいところなのですが、国産メーカーでスポーツカーのラインナップが豊富ですよね。

現行であれば、86とかロードスターあたりならその辺のクルマと維持費は変わりません。

スポーツカー初心者にオススメです。

もちろん国産ですので、修理や部品の供給も確立されています。

サポートがしっかりしているので安心して乗ることができるのです。

 

スポーツカーって実用性がなさそう

そうですね。

実用性は無いです。

でも実用性があるスポーツカーなんてスポーツカーじゃないような気がします。

 

例えば私の愛車であるZ4は2人しか乗れません。

直6エンジンのハイオクで燃費もよくないです。

乗車位置がすごく低いので乗り降りがしにくいです。

でも、だからこそ運転が楽しいです。

実用性を犠牲にして走行性能に全振りしているからスポーツカーなのです。

どちらも兼ね備えたいいとこ取りなんてありえません。

 

そもそも皆さんは車に実用性を求めてます?

違いますよね。

それならミニバン買えばいいだけです。

「そうは言っても家庭の事情が…。」

分かります。

痛いほど分かります。

独身なら「行っとけ!!!」ですが、家族持ちだとなかなか難しいですね。

これが家庭に2台持ちならなんとかなります。(私もそうです。)

1台をミニバン、もう1台をスポーツカーで解決。

 

で、家庭に1台の場合…。

ちょっと無理ゲーですね。

WRX STi、ランサーエボリューション、RX-8とかなら1台で何とかなりそうですが…ちょっと厳しいか…。

都市部の方は難しいかもしれませんが、家族持ちなら2台目増車の方が現実的でしょう。

 

乗りたい車に乗りましょうよ

全国のクルマ変態のみなさん。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

私たちって一生のうち何台の車に乗れるでしょう?

まあ、6台から10台くらいですねー。一般的に。

たったこれだけですよ。

それなら、好きな車に乗りたいですよね?ね?

クルマ好きなのに好きでもない車に乗り続けるなんてもったいない!

短い人生なんだからカーライフを楽しまないと!

子どもが大きくなって家のローンを返し終わったら?

その時はもうおじいちゃん、おばあちゃんですよ。

高齢の体でスポーツカーを楽しめるでしょうか?

答えはNO。

年を取ってからではできないことを今しないと。

「乗れない言い訳。」なんて簡単です。

でも、もし本当にスポーツカーに乗りたいならやり方はいくらでもあるのです。