【難しすぎ】人差し指操作型のトラックボールは初心者にはハードルが高い【ELECOM DEFT PRO】

人差し指操作型のトラックボール、エレコムDEFT PRO(M-DPT1MRXBK)をレビューします。

結論から言うと、初心者にはオススメしません。そして親指操作型のトラックボール経験者でも慣れるまでに相当苦労します。

ただし多機能な分、慣れると相当使いやすいと思います。でも慣れるまでが大変。

 

エレコムDEFT PROは人差し指操作型のトラックボール

引用:エレコム公式サイト

DEFT PROは人差し指でトラックボールを操作するタイプです。右クリックは親指、左クリックは中指でちょっと変則的。

「人差し指で操作する」というのが結構厄介で、

  • カーソルを一気に動かす
  • 細かい動きをする。

この二つの操作が本当に難しい。親指操作型だと簡単にできるのに人差し指だと難易度が一気に上がります。

人差し指と親指だと動かし方が全然違うのでそれが難易度にそのまま反映されている感じ。

人差し指で親指と同じ動きをするには相当な実践が必要だと思います。

 

エレコムDEFT PROは8ボタン+チルトホイール

引用:エレコム公式サイト

エレコムDEFT PROは8ボタン+チルトホイールでこれでもかというくらいボタンがあります。戻る、進むなんて当たり前、これだけあればコピーもペーストも自由自在。

さらにホイールボタンもチルト(左右に動く)するので割り当てるボタンが無くて困ることはありません。

ちなみに親指操作型のトラックボールでこんなにたくさんのボタンを付けるのは難しいです。なぜならボタンの設置個所にトラックボールがあるから。多くのボタンが付けられるのは人差し指操作型トラックボールの利点とも言えます。

ボタンの割り当てはエレコムマウスアシスタントで自由に設定可能なので、自分の使いやすいように割り当てることができます。

 

エレコムDEFT PROは2つのパソコンで使用できる

エレコムDEFT PROは

  • Bluetooth接続
  • USBレシーバ接続

の2つに対応しているので、実質2台のパソコンと接続できます。いちいちUSBレシーバを抜き差ししなくても手元のスイッチを切り替えるだけでOK。

 

人差し指操作型トラックボールを初心者にオススメしない理由

普通、パソコンの操作はマウスを使います。トラックボールを一生使わない人がほとんどでしょう。

自発的に動かないと絶対に使わないのがトラックボールなのです。

そんなトラックボール初心者がいきなり人差し指操作型トラックボールを使うにはあまりにも無謀と言えます。初心者がいきなりエベレスト登頂を目指すようなもの。

せっかくトラックボールに興味を持ったのに「やっぱり難しいからやめた。」となるのはあまりにももったいない。

まずは親指操作型トラックボールで慣れてから、興味があれば人差し指操作型トラックボールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

あえて人差し指操作型トラックボールにチャレンジするのもアリ

とは言っても、「そんなに守りに入ってどうするんだ。」「いいトラックボールなら練習して使いこなせばいいんじゃないの?」という意見があるのも分かります。そういう人はぜひチャレンジしてもらいたいです。

やっぱり何事も挑戦しないと分かりませんからね。人差し指操作型トラックボールを使いこなせれば、間違いなく世界が広がりますから。

ちなみに私は半年使って断念してしまいました。難しすぎる!