暮らしに+

Amazonのちょっと高めの手帳型スマホケースが地味に良かった【電子マネーにオススメ】

更新日:

 

「少しでも安くていいものを買いたい」

これは私の行動原理です。

お金を出せばいいモノが買えるのは当たり前。

 

え!?これがこんなにお安い値段で本当にいいの??

いわゆるコスパが高いモノをゲットできた時は何だかうれしい気持ちになるのです。

お手本のような一般市民の感覚なのです。

そんな私ですがちょっと冒険をしてみました。

手帳型スマホケース、お値段1970円です。

いつもは1,000円ちょっとの安いやつなんですけどね。

スマホケースで2,000円なんて私にとっては超高級品ですw

しかしこのスマホケース、お値段に見合った品質でなかなか大満足の買い物でした。

特にICカード、電子マネーカードをスマホケースに常備しようとしている方にはオススメの商品です。

 

開封の儀。

高級品らしくふわふわのケースに入れられていました。

さすが2,000円!

 

造りがしっかりしていて合皮の肌触りもすごくいいです。

ステッチがおっしゃれ~ですね。

 

上下にストラップホールがあります。

 

 

留め具にはマグネットが仕込まれていてピタッとくっつきます。

実はこのマグネットの磁力が非常に絶妙なバランスになっているのです。

開くときにわざわざ留め具を外す必要はありません。

蓋を開けばそのまま留め具が外れます。

閉める時も自動でくっついてくれます。

かといってすぐに外れてしまうほど弱くはなくしっかりと蓋をホールドしてくれます。

留め具の存在を意識しなくてもしっかりと仕事をしてくれる憎いやつなのです。

 

カード入れは裏面に3か所。

 

ここにも大きなポケットが一か所あります。

私はここにEdy-楽天ポイントカードを収納しておサイフケータイちっくに使っています。

格安スマホってほとんどがおサイフケータイに対応していないですからね。

こんな風にスマホケースを活用すればおサイフケータイとか交通系ICカード(Suica、PASMO)代わりに使うことができます。

 

で、ここからが重要なのですが、

一般的な手帳型のスマホケースって蓋の部分にマグネットが仕込まれているんですね。

すると電子マネーカードが磁力の影響をもろに受けてしまいます。

最悪、使用不可になる場合もあります。

しかし、この手帳型スマホケースだと留め具部分にだけマグネットがあるので磁力の影響を受けることがほぼありません。

マグネット自体がそこまで強力なものではありませんし。

 

そんな理由から、格安スマホユーザーのカード型電子マネー派には一押しの商品です。

こちらはHUWAEI P20 lite用ですがぴったりです。

 

イヤホンジャック、USBポート、スピーカーの位置に合わせてキレイにカットされています。

 

もちろん裏面もばっちりです。

 

現在のラインナップ。

格安スマホをメインに扱っているようです。

  • AQUOS R2
  • HUAWEI nova lite 2
  • Xperia XZ2
  • ZenFone 4 Max ZC520KL
  • ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)
  • ZenFone 4 (ZE554KL)
  • ZenFone 5 (ZE620KL)/ZenFone 5Z (ZS620KL)
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • HTC U11
  • Huawei P20 Lite
  • Huawei P20 Pro
  • AQUOS sense plus

 

今後も対応機種は増えていきますので気になる方はチェックしてみてください。

 

-暮らしに+

Copyright© 暮らしに+ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.